パーキングブレーキの可能性

運転席と助手席の間にあることが多かったためサイドブレーキと呼ばれたり、その位置にあるため手で操作することでハンドブレーキなどと呼ばれることもあったパーキングブレーキですが、最近はフットブレーキの横にあるので左足で操作します。
名前の通観葉植物03り駐車しているときに使うもので、基本的に走行中は使用しません。
フットブレーキは油圧ブレーキなのに対してワイヤーで止める仕組みになっていて、後輪の2本にかかるようになっています。
ブレーキは頑丈に作られているものですが、ブレーキホースの破れなどによって運転中に突然効かなくなることも考えられます。
ペダルで踏むフットブレーキがオイル漏れなどの故障を起こしてしまったときには、緊急用として使うことができるので覚えておくと役に立ちます。
また、車を止める際にはギアをパーキングにして駐車しますが、運転手が車を離れている間になんらかのトラブルが起きてギアがずれてしまうことがあります。
こうなると車が勝手に動き出してしまうのですが、きちんとかけておけば車輪がロックされているので、安心して車を離れることができます。
自動車は我々の生活の足であり、ビジネスシーンやプライベートでも様々な場面で活躍してくれるため、正しい知識でしっかり使いこなしたいものです。

Comments are closed.